忍者ブログ
矢吹丈のように燃え尽きて真っ白になりたい漢の愛とストイックな生活の記録
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

走り続けろっ!
ぶっ倒れるまで。


とは思っていたのであるが、どうにもできなかった。

走り始めてすぐに症状が軽く出だす。
横隔膜辺りがおかしい。

日和佐後、色々調べたり実験したりした。

わざと呼吸を早くしてみたり、
しゃっくりを止めるように行きを数秒止めてみたり。

右手を上げて身体を後ろに反らしたり、
1週間前から芍薬甘草湯を飲んでいたり、
あれこれ足掻いてみたが、どれもダメだったなあ。

まだ症状が軽めな時間帯が多かったのが救いか。

そんなんだったので、
走りながらも

ああ、やっぱりね

という気持ちで驚きもせず、
10kなら我慢して頑張れるのは日和佐でわかったが、
今回の23kはどうだろう?


未知なる領域だ。


とりあえず、前半は我慢。
後半盛り返すぞと考えながら、
大体キロ5分から5分半と思われるペースで走る。




ただ、自分のいたポジションの選手達、
速い人が多い。

明らかにベースが違う走り方で4、5人に抜かれる。

みんな、最初からこんな速くていいの?
とびっくりするペースだったので、
自分があまりにも遅いのかと勘違いしそうになるくらい。


テンションは下がり気味で気分はあまり良くない。

けど、胸の苦しさが押し寄せて、
テンションどころではないのだが、

何とか走りえるペースでキープする。

1、2kでhiroくんをキャッチ。

スルーしたかにみえたのだが・・・

宿のさわむら屋さん前を通る。
流石に金髪が目立つのであろう。
応援の声が飛んでくる。

本当にありがたいのだが、少ししか余裕がない。
手を挙げることぐらいしかできなかったな。

前述の息を止めたり右手を挙げて反ってみたりして、
苦しさを散らそうとするが、ほんの気休め程度しか楽にならない。

ただ、酷くなることもなく、
自分の感覚としては6、7割ぐらいのスピードでキープを続ける。

もどかしいがしょうがない。

しかも、淡々と一定ペースをみよがしに、後ろにベタつきの選手がいる。

いつもなら気にもならないんだろうけど、
やたら気になって調子が良くないことも合いまってムカムカしてきた。

けど、絶対振り返らない。

何か負けた気がするから・・・

そんなペースでの並走が5、6kぐらいまで続いただろうか。
ふと、スピードを緩めたポイントがあってベタつきの選手が前に出た。

あれっ!?

hiroくんや。。。

けっこう、ビックリした。
だって、スルーして千切ったと思ってたから。

俺のペースが遅いのか、
hiroくんが強くなってるのか、
どっちでもよくて、
こいつヤリよるな
という印象を珠洲で僕は焼きつけた。

声かけてや!
とか、うんたら言いながら、
またしばらく並走も、この辺りはやや幾分か楽さも出てきたので
弱冠ペースも上がったと自分では実感していた。

そのうち、足音が離れていくのがわかり、
今度は、ほんまに千切れたか・・・と思った。



8k地点ぐらい。
ひろきさんとすれ違う。

目測10位前後ぐらいじゃないかと思われる位置での
力溢れる走りだった。


俺もあんな走りがしたいなと思いながら、
お互いエールを送ったが何を言ったかおぼえていない・・・


折り返しまでは一進一退。

苦しさのレベルも上がることもなく下がることもなく。

次にすれ違うであろう、
あまやまさん、なす兄さんに会うこともなく、迂回路へ。



この辺りからおしっこがしたくてたまらんくて、
どうしようか迷ったが折り返しのポイントでトイレに入った。

灼熱だったら汗で催すこともなかったかもしれんだろうに。。。
少しは楽になることを祈って。


出てきてすぐにhiroくんに遭遇。
膝がイッてもうたとのこと。

頑張れ!俺も頑張る!
と言い残して、ちょっとペースを上げて後半をスタートさせた。


トイレにはいる前に見た時計ではランスタートから55分だったか。
単純に倍して1時間50分。
全力ではないものの、まあまあのペースにちょっとびっくり。

ただ、あまりそれに気を取られる余裕もないまま、
小またでチョロチョロ走るだけ。

しかもトイレ後は楽になるどころか、お腹も痛くなってくるし、
胸の苦しさのレベルも上がってきた。

後半、揚げられる状態でも到底ない。


そんなうちに、のぶひろさんとすれ違う。
笑って気持ち良さそうに走ってはるわ〜
そんな印象を受けた。


が、僕の内心
ええっっ!
状態。


ここですれ違うか?・・・


やばい、、、
このままスローダウンしていったら抜かれるんちゃうん。
っていう思いに駆られる。


この辺りから、ほんま気力だけの走行に。

エイドで喉を潤すも、気持ち悪さが勝って、多くは入らない。


次は、わいたまさんとすれ違い。
のぶひろさんとの時間差を考えると、けっこう早いんじゃないの〜
表情も余裕があって調子が良さそう。

思い返すと、わいたまさんエイドでなんか食ってたな。。。

メンバーと会えるのは本当に力をもらえるけど、
レることができませんな(笑)


そんな自分との闘いも、
かなり消極的になり始めた残り10k切った辺りでしょうか、
とうとう苦しさと腹痛が合体され、どうにもいかず歩き始めてしまいました。

そんな時だったんですよね。
ほんま、絶妙なタイミングというか神様のイタズラか。。。


歩くなッッッ!!!



でっかい声で
部活の顧問に怒られたかと思うほどの檄が後方より来たり。



誰や!?



振り返ると奴がいる。



まんきちさんでした。



正にじぇじぇじぇな展開。



そんなエール贈ってもらったら、走らないと!
けど、腹痛い。。。


その後も、


イケル!イケル!


金髪カッコいい!!


などなど、あとから冷静に思い返すと、
感謝してもしきれないほどのパワーをもらって、
胸が詰まる想いです。



苦しいんなら、無理せんと
と抜き際にもお気遣いの一言を。

一瞬、切換えて着いていけるかとも考えましたが、
身体は言うことを聞いてくれませんでした。

タッチを交わし、
またゴールで!
と笑顔を作るのに精一杯。

まんきちさんの力漲り漢らしい
うしろ姿を見送ったのでした。



しかし、ここまでエールを送ってもらって
ダレてしまってはオトコが廃ります。

歩かずにスローでも走り始めました。


お腹痛もおならを2発かましたら、
楽になりまして、苦しいのは呼吸器系だけに。

ほんま、ここからは自分との戦い。
歩いても楽にならないし、しんどさもほぼ同じ。

それやったら走ったらええやんと言い聞かせ、
歯を食いしばり、半分白目であったであろうか、
個人TT時のトニーマルティン並のヨダレ垂らしながら、
ゴール目指しました。


そんな中でも、
チームメンバーとのすれ違いは励みにもなり、
朝のトイレ前で話しかけていただいた242番の方にも、
バイク時とは逆に頑張って!
と、声をかけられシャンと気合が入りましたわ。
(ありがとうございます!)


それにしても、
折り返してからの長いこと長いこと。


キロ表示もまばらで、
自分の距離感覚が全く当てにならない。



残り5kぐらいかと思ってたら、7kだったり、
途中からはあと何キロというよりは、

キロ5分換算のあと何分ぐらい我慢すればいいかという数字との根比べ。


頭の中は無になる時間も多くなってきたり、
こんな苦しさ味わうんやったら、もうレース出えへん!
という気持ちまで出てきたり、
この位のしんどさを乗り切らんと、
これからの幾多のプライベートも含めた困難には勝てんぞという想いで、
自分に負けんように耐えた。


残り2、3kになって、
行ったれぃ!
の気持ちが溢れ出て、
追い抜いて行ったちょうどいいペースの選手についた。



(あとから考えると、
なぜもっと早くそのモードにならないんだ?という後悔も)


胸のつかえが上がってきても我慢して走り続けた。

あと、10分、9分、8分、7分と呪文のように唱えながら。


競技場が見えてきてスパークしたか、
着かせていただいていた選手を振り払ってペースを上げた。


みぞさん
ヤイチロウが来たっ!
と叫んで伴走してくれる。

本当に最後の力になった。

誰かわからんが、
朝にはいなかったシルトラウェアを着た人が幟を振って応援してくれる。
いしもっちゃんでした)

マッサージでお世話になっていた、いっしーさん
ちょっと困った顔をして、声をあげている。

どうしていいかわからんという戸惑い混じりで、手を出してくれた。


タッチせなあかんやろ!

ここは!


(歯を食いしばって鬼の形相か、
イってしまっている僕の顔を見て
アクションを起こしていいものかどうか迷ったらしい。
レース後のいっしーさんより)


あー
あと少しやーー


ふりしぼれ!!


両手を挙げて
ゴールテープを切った。



ラン 2:04:53 141位
総合 6:27:05 97位

疲労困憊。



ゴール後の写真がしんどそうでイケていない。

苦しさいっぱいだが出しきれんかったなあ。。。
雄叫びも上げるほどでもなかったし。

あー、
けどゴールできたー。

そして、
俺の夏が終わった。。。

ゴール後、色々ねぎらいを受けるが、
納得できない自分と
やり切った充実感と
横隔膜の気持ち悪さで
共存している感情をかき混ぜた競技場の中で、
天を仰ぎ、空の高さに酔いしれた。



そんな中
わいたまさんがゴールで戻ってきた。


7切りできたぁ!


ありがとう


ありがとう


一人一人握手して、
その顔は、汗か涙か
くしゃくしゃだ。


あー
だめだ、
だめだ。


あついよ、
あつい


堪えようとしたけど
鼻の奥にツンときて、
弱々しい僕のダムが決壊し放流が始まったのだった。
PR
無題 by 泣き虫おっさん
汗じゃなく、うれし涙涙よ(笑)
今となれば恥ずかしいわ…

すれ違い時、やいっちゃんの珍しく調子悪さ『お腹痛い〜』は表情に出てたわぁ…

わいは、前半上げすぎたのと、再度灼熱のホンマの7切りが次回の課題(^^;;
泣き虫おっさん 2013/09/09(Mon)19:00:06 編集
無題 by ヤイチロウ
わいたましゃん

本当にいいレースでしたね!
あの涙は恥ずべきものではないですよ!
漢の宝です!
素敵なレース、
感謝感謝です( ´ ▽ ` )ノ
ヤイチロウ 2013/09/10(Tue)00:27:02 編集
無題 by のぶひろ
大作をじっくり読ませてもらいました~
遠い昔のことのようにも思いますが、読んでると鮮明に思い出されるねぇ~
書いてくれてありがとう!

やいっちゃんとすれ違った時はまだまだ元気だったんだけどね~

やいっちゃんがあまやまさんのちょっとビックリしたような顔を見たように、私はやいっちゃんのちょっとビックリしたような顔を見ましたよ。(笑)

ちなみにウェーブスタートはスタート時間の差をタイムから引くことを分かってなかったので、その時はやいっちゃんとはかなり差があるなぁ~と思ってました。(笑)
のぶひろ 2013/09/10(Tue)22:34:37 編集
無題 by ヤイチロウ
のぶひろさん

お読みいただきありがとう!

あの時は確かにびっくりした!
誰かに会うって思ってへんかったし。。。

確かに、後半しんどいコースでしたね〜
暑かったら、どうなってたんでしょ?

すれ違ってからしばらくは、ひやひやで走ってましたよ。
ヤイチロウ 2013/09/11(Wed)00:30:53 編集
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236
プロフィール
HN:
yaichi81
性別:
男性
自己紹介:
指宿在住 36歳
10代はプロレスラーになりたくて、20代は音楽と写真に傾倒の文科系、30代で体育会系に戻ってまいりました。
2014年1月大阪より鹿児島県指宿市に移住。

アイアンマン目指して人生かけます!
最新CM
[02/24 ヤイチロウ]
[02/23 とさっち]
[01/17 ヤイチロウ]
[01/15 とさっち]
[01/03 ヤイチロウ]
ブログ内検索
カウンター
ひとりつぶやき
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Copyright (C) 100歳までアイアンマン

Template by あでる / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」 / 忍者ブログ [PR]