忍者ブログ
矢吹丈のように燃え尽きて真っ白になりたい漢の愛とストイックな生活の記録
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゴールテープを切った後から、
帰路のお船までのお話が続きます。。。



マッサージの写真だけでも見て下さいな!





アンクルバンドを外され、
フィニッシャーポロシャツを渡され、
タオルをかけられ、
よぼよぼでゴール後のエイドへ。


とりあえず、
アクエリのショート缶を飲み干し、
あれほど胸が閊えてたのに、
スイカやオレンジやらフルーツを餓鬼のように貪り食った。


ドリンクもオロナミンCを別で一気飲み。


とにかく、
身体が涸れていた。


ゴールを見ると、
がんちゃんが帰ってきてた。


握手して検討を讃えた。





また、どこか九州の大会で逢いたいですね!


話している最中に、
がんちゃんが自分は60位前後ぐらいじゃないかとの話から、
自分は50位前後かと予想した。
(が、結局は31位。リレーの選手が混じっていたので、そのような勘定だったようだ。)


がんちゃんと別れてから、
ふと見ると「マッサージ」の文字の看板。


吸い寄せられて
やってもらった。


氷水で激冷やになったタオルを全身にかけてくれてミイラの状態に。

で、
なおかつ全身の疲労が強い箇所を婦人会のお姉様方が4人掛かりぐらいで
10分ぐらいほぐしてくれた。


天国〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今までで一番のご褒美かというくらい極楽でした。


あれは最高。
また受けたい至上のサービス。



写真は、後述のK君がミイラになるもの。
GIFアニメはこちら


 


マッサージを受けたら、
一旦、荷物置きとシャワーで宿に帰った。


宿に着くと、
同じように大会から戻ってきたグループあり。


よく見ると、見覚えのあるジャージ。


う〜〜ん、
ランの最後に抜かれてった人じゃないけ?


声をかけたら、
僕は着替えてたため、思い出せなかったようだけど、
タイムを確認しあうと間違いなさそう。


奄美から参加してるようだ。


部屋は僕とは別フロアなので、
前夜のがやがやチームではなさそう・・・


もう一人の彼は、
リレーででてた模様もスポークが折れて
マーシャルに交換してもらうまで1時間足止めを食らったなど話をして、
また打ち上げで〜と別れた。


部屋では、
抜かれてった彼のゼッケンで名前を確認。


K君か。


シャワーも浴び、
さっぱりしてから再度会場へ戻る。


その名も
どんちゃんパーティ!





もう一度、ゴールゲートを写真取ったりして、
思い返したりしてた。


更に、
もてなしの料理がすごい。





これ、全部食べ放題無料。
写真には撮れてないけど、
他にも鶏飯、鶏スープ、おにぎりや缶のドリンクも飲み放題。


 


知り合いの人とも、
あーだこーだ話しながらテンションが上がる。


そして、おいしい。


やばい、
おいしいし、ありがたすぎる!
案の定、食べ過ぎた。


chakiさんとも再会。
無事ゴールした模様。





吹トラ関係者で徳之島の人がいるみたいで、
昨年から「来たら何とかしちゃる」
と言われ、今年も参加したとのこと。


ほんと、
今まで出た大会で一番良かったですよ!



昔、サスケさんがおススメしてた通りでした。


ただ、帰還後、師匠に聞くところ、
宮古島はもっとらしい。。。


来年、どうしよ〜〜



で、会場では上位選手のアナウンス。


聞いてると、
「群島一位 Kさん」


???


さっきのK君じゃん!


奄美群島の選手で一番の順位だったらしい。


K君を、あちこち歩いて見つけて、
お祝いを言いにいった。


そのまま、話していると意気投合!


どんちゃんパーティのライブそっちのけで、
ずっと話していた。
(会場はすごく盛り上がっていたようだけど、
話していたのであんまり覚えていない・・・)



宿でいたT君も一緒に、
奄美事情だったり、
レースのこと、
自転車のこと、
指宿のこと、
移住したこと、
色々話した。


とりわけ、グッときたのは、
K君は歳が1個違いなんだけど、
僕と同じく来年の県下一周を目指してるってこと。


どこかの区間で一緒に走れればすごいですね〜
なんて、半分以上本気モードの約束をした。


ということにしておこう。
(いいよね?)


会場をあとにして、
宿に戻ってコインランドリーに行ったら、
また鉢合わせ!


そのまま、
近くのラウンジに人生初飛び込み。


T君と同じリレーチームで出場していた、
Iさん、Uさんも一緒に日時が変わるまで、
飲んだ。


ラウンジの
お姉様方も昼間はボランティアに出ていたらしく、
スポンジを配って腕がだるいだのおっしゃってたが、
ほんと島ぐるみの大会なんだなと実感。



夜も更け、
新たな出逢いに感謝しつつ、
ええ感じで就寝。


明けて、月曜日。


帰路は、
またもやフェリーの予定も17時出発。


それまでは暇なので、観光予定。


午前中は、地元小学生との懇親会があって、
案内があったがレース会場付近の小学校限定ということと、
朝早く起きれなかったので、やむなく欠席。


適当に、ここ数日車で回ってて気になってたとこを廻ることにする。


まずは伊仙の方へ


瀬田海浜公園





すごくきれいやった!



次におみやげ探しで、
道の駅のようなところ、
んと元気な直売所・百菜
へ。


パッションフルーツ、ジャムやらニンニクやらアオサ、味噌などいっぱい買いました。
(お礼に徳之島にお金を落とさないと!)


見てると美味しそうな
すぐ食べられそうなものが・・・





昼食は別のところ予定してたんだけどなあ。。。
まあいいや、買っちゃえ、食っちゃえで
おいしくいただきました〜


お腹はいっぱいなんだけど、
気になる店があったので向かう。


バイクコースの道から海側にちょっとそれたところにある店、
「ニライカナイ」


ネットで見つけて気になってた。
目当ては「徳之島コーヒー」


昼食はどうしようか迷ったけど、
さっきのご飯でお腹いっぱい気味だったので、
プリンだけ頼んだ。


実際、徳之島内でコーヒーまで栽培されて焙煎されての一杯。





貴重なので味わって飲んだ。


マスターと色々話していると、
元は海上自衛隊にいて戻ってきて店をやってるだとか、
リレーのスイムで出場しただとか聞けた。


僕の移住の話をするとびっくりなことに、
大阪での、もろ地元であった蛍池のカフェのオーナーが頻繁に来て
このコーヒーを栽培しているという話。


何なんだ。この出逢い。


お店の名前は「デコボコカンパニー」


全然知らなかったとこだけど、
偶然が嬉しい。


大阪の方、
良かったらぜひ行ってみて下さい!


なんだかすごくのんびりしてしまってお店を出たくなかったんだけど、
お客さんが何組か来だしたので名残惜しくも退出。





(お店の横には、
バーベキューできる場所もあった!)


そのまま帰るのももったいないので、
お店の前の海に軽く散歩。


リーフが出ていて、
昨日の4位であった選手グループが泳いでおりました。





植物も熱帯のものばかり。


で、このお店があった敷地。
他にも気になってたお店があったのだ





ダイビングショップ
「海夢居」


徳之島に渡る前から、
この月曜日は時間が余るからやってみたいなあとは思ってたものの、
ダメージがどの位残っているかわからないし、
中途半端なのも嫌なので今回は見送りかなあと思ってた。


その、店が同じ敷地内にあった。
びっくりだった。


そして、あと宿もあったんだな。
「徳之島リゾートホテル&オフィス」


敷地内の広場からの光景があまりにもよすぎて、
見渡す限りの地平線なので地球が丸いことがよくわかる。





また風も気持ちよくて、
ここなら邪魔されないし、
ゆ〜〜っくりするにはもってこいのロケーション。


一人の男性がいたので、どちらからともなく話しかけたら、
ここでもずっと話が弾んだ。


この男性、
宿のオーナーで、歳は僕と同じくらいか。


福岡で勤めていたらしいが、
数年前にUターンで戻ってきたとのこと。


やっぱり、
地元は素晴らしくもっと発信していきたいと
モチベーションが高い方だった。



今は地元のサッカーチームのコーチをしているようだけど、
眠っているロードバイクがあるとの話。


いつか大会出ましょうよと誘っておいた。


そこで、
ダイビングの話もしたりしたら、
12月頃でもできるらしく、またクジラもやってくると説明を受けて、
ますます、テンションが上がってしまった。


スケジュールとお金があるなら、
ダイビングの資格を取りにくるか、
また本土側で資格を取ってから徳之島にまた戻ってきたいと思った。


17時までの時間つぶしが、
あれよあれよと、
のんびりさせていただいたおかげで、
あっという間に過ぎた。


あの、
3つのお店がある場所はマジックがあった。


次来る時は、
あの宿に泊まりたいな。


そう、思って、
また約束して名残惜しく、
その場を離れた。


フェリー乗り場には、
徳之島の大会を終えた戦士達がぞろぞろと。


昨日の奄美の四方と写真をパチリ。






徳之島17時発
奄美には21時頃着。


それまでは、
船内で飲ん方なり〜


船には、四方以外にも奄美の方々が寄り集まって、
最終的には15人ぐらいの集団で盛り上がった。


勿論、
船中のあちこちでは
同じようなグループが幾つも出来上がっていたのは言うまでもない。



ここ数年、
お酒とは無縁だったが、指宿に来てから飲むようになって、
人並みのお付き合いもできるようになった。


奄美の話を聞いていると、
そこにも絶対に近いうちに行ってみたいと思わせる魅力的な島と感じたので、
行く時は是非よろしくだ!


飲んでると四時間なんてあっちゅう間で、
またの再会を約束して奄美の人たちとはお別れ。


そのあとは、鹿児島まで向かう残りのメンバー数人と
あてがなくなるまで飲んだ。




確か、23時前ぐらいにお開きだったんだけど、
船内の自分の布団に戻り、もう寝ようかと歯磨き準備してたら、
隣りの隣りの見知らぬおじさんに、飲もうと拉致されて、
「おごったるから、ほれ、好きなもん」と自販にコインを投入され、
ノンアルコールのボタンを押したら、
「なんや、ノンアルかいな〜」と突っ込まれ、
少しだけですよと言いながらも、小一時間
同じ内容の話を何回もされて、
あさって天文館で一緒に飲もうと執拗に誘われたのに、
翌朝、お礼の挨拶したら、
「何のことけ?」
と全く覚えていらっしゃらなかったのは、
また別のはなし。。。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302
プロフィール
HN:
yaichi81
性別:
男性
自己紹介:
指宿在住 36歳
10代はプロレスラーになりたくて、20代は音楽と写真に傾倒の文科系、30代で体育会系に戻ってまいりました。
2014年1月大阪より鹿児島県指宿市に移住。

アイアンマン目指して人生かけます!
最新CM
[02/24 ヤイチロウ]
[02/23 とさっち]
[01/17 ヤイチロウ]
[01/15 とさっち]
[01/03 ヤイチロウ]
ブログ内検索
カウンター
ひとりつぶやき
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Copyright (C) 100歳までアイアンマン

Template by あでる / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」 / 忍者ブログ [PR]