忍者ブログ
矢吹丈のように燃え尽きて真っ白になりたい漢の愛とストイックな生活の記録
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何か推理小説の題名みたいですが、
何てことはない氷ノ山のレポートです。

ほんとはリタイヤもしたし、
何か書いてしまうと全て言い訳のような気がして、
書かんとこうかとも思ったんですが、
ブログを開設している以上、
報告は義務だと感じ書き記します。


あまり飾ってしまうと伝わらないような気もするので、
なるべく本音の感情を記録します。

生意気でプライドが高く自意識過剰な内容ですが、
そしてまた長いですが、よければおつきあい下さい。


まず最初にリタイヤの原因です。

これまでのレースでも度々あった、
走っている際の胸の苦しさです。


ご心配をかけたかもしれませんが、
決して怪我や故障ではありません。

先月の横浜では症状は出ませんでしたが、
たまたまだったんでしょう。


今後、何らかの処置をしないと、
レースのたびにこんなことになりそうなので、
真剣に疾患の原因を突き止めたいとは思いますが、
どこに行けばいいんでしょう?(笑)

町の内科に行っても、
適当にあしらわれて終わりそうな気がします。


スポーツ系の呼吸器に関する強い病院お知りでしたら情報ください。
自分でも何とか調べたいと思います。


レースの話に戻しましょう。

当日の体調はまずまずも、
またもや前日眠れず。

2時間ぐらい浅い処をウトウトした感じ。

レース毎に眠れず、自律神経の異常に我ながら情けない。
いや、情けないという単語が合ってるのかもわからないがどうにかしたい。

ただ寝不足は一つの要因であれ、主たる原因とは思えず。

実際、横浜ではそこそこ走れたし、
100マイルのレースになったら寝ないで動き続けるので、
ある意味、この状態もいい練習になるかもしれないと割り切っていた。

リタイヤするまで、眠くもならなかったし。

そして、失敗の一つ。
ウェアの選択。

予想通り、小降りな雨模様、風も強い。
ただ、気温はそんなに低くない。


上半身はウィンドブレーカーは決定。
ただ、下半身がぎりぎりまで決めれず。

直前に買った防水パンツを履くかどうか。
一旦はいらないと決め脱ぐも、
スタート5分前に外に出ると雨が強くなりだし寒さを強く感じる。
慌てて履き直し。


しかし、スタート1k過ぎると、ずっと登り。
失敗したと思った時は既に遅し。

汗ダラダラ。
脱ごうにも夜明けは未だで暗くコースも狭く、
選手もまだ行列状態。


脱げなかった・・・

5k地点で一旦登り切り。
やっとのことで着替えをする。
ウィンドブレーカーも脱ぐ。


この、いつも以上に汗をかいてしまったことが、
のちの疲労や補給タイミングの感覚を狂わせてしまったことは事実。

スカイハイでも言われましたが、
トレイルはいくつもの経験をしないと正確な選択ができない。


その意味では、この失敗もいい経験値にはなった。

着替えたあとは、
17k地点の第1関門までは理想的な展開。


そして、コース的にも走りやすい、
またガスってて風も強かったけど、何か面白くて楽しい時間でした。

スキー場の斜面はきつかったけど、
尾根の上り下りは本当に気持ちよかった。


リザルトが出てないので何とも言えませんが、
第1関門での順位は40〜50位ぐらいだったのではなかろうかと思います。
(2時間35分ぐらいで、ひょっとしたらもうちょっと上位だったかもしれない)

この関門で補給をいつもの感覚よりは多めに。
これも失敗だったかも。


第1関門前ぐらいから、
やや痙攣の兆候もあり、アスリートソルトを多めに。
この塩分補給のタイミングも微妙だったかも。

なぜこんなに「かもかも」かというと、
この関門後の長い長い林道(約18k)の最初の2、3k地点で症状が出たためです。


最初はいくらか我慢してたら、今までの経験から収まるであろうという心持ちでした。
出始めは、8割走って2割歩くという比率だったのが、
どんどん歩く比率が多くなっていきます。

それに伴って、後ろからどんどん抜かれていきます。
これが正直精神的に応えた。


林道はアップダウンも緩やかで、
ここを走り切れたら目標タイムに対して余裕ができる感じの目算だった。

一応、目標は10〜12時間での完走。
(林道に入った時点でのペースは10時間切れるペースだった。)


後ろから来た人に着いて行こうとちょっと走るものの、
苦しくて一定ペースで走れない。

脚は全然行けるんですよ。
けど、呼吸が追いついてこない。
ちょっとスピードを出すと振動で苦しさが増す。
それの繰り返し。


第2エイドの34k地点の直前3kぐらいは、
ほぼ歩き通し。

いつか収まるであろうという思惑も外れ、
逆にどんどん症状は悪化。
胸の苦しさは強度を増してくる。
おまけにお腹も波がありながらも痛くなってきたし、
補給も受け付けない。
水分ですらキツい。


この第2エイドの中間地点を5時間20分ぐらいだったかな。
その間40〜50人ぐらいに抜かれて、やっと到達。

スタッフの人にトイレがあるか聞くも、
この先12k先の第2関門までなしとのこと。
そして、この先はトレイルが続くため補給をしっかりとのこと。


走り切れてない18kの林道中、
レーズンを何粒かだけしか食べてない割には
エネルギー切れの感覚はないものの、
12kあるとなると何か食しておきたいと思いつつ、
固形は喉を通る気配がないのでアミノバイタルのジェルを無理矢理流し込む。

また、止まってる時間が長くなり、強い寒さを感じてきたので、
腹巻き、ウィンドブレーカー、防水パンツを着込む。


そんなこんなしているとフジモさん到着。
「無理かもしれない」という言葉を残し、
ゆっくりと出発。

この休憩でちょっとはマシになってくれとの願いもあったが、
現状維持の苦しさ。


20分ぐらい歩くと、後ろからフジモさんがスルー。
がんばって!とエールを送ることしかできない。

この頃になるとトレイルの起伏のせいか、
ほんと苦しくなって立ち止まることもしばしば。


吐き気のような感覚もあるが、
普段吐くことがない自分はうまく吐けることもできず苦しいまま。

この頃は、リタイヤしようかどうか、
7割リタイヤ3割もうちょっと様子見の気持ち。


うしろからパスされた後ろ姿が見慣れた選手。

「のぶひろさん、がんばって」
と声をかけると振り返って、ちょっと驚いた感じで僕に気づいた様子。


現状を話して、がんばってくださいと見送る。
のぶひろさんも股関節が痛くキツそうとのことだった。

頭の中で葛藤は続くものの、リタイヤの選択にほぼ傾いてくる。

第一の理由としては、
やはり苦しいというのが一番。
症状が出てから2、3時間経っても収まる気配がない。
きつかった。

そして、全然楽しくない。
このまま歩いても完走できるのかもしれないが、
自分的にはそんなものは完走ではなく納得できる結果ではないし、
そんな完走の記録でSTYの資格を得るのも自分が許さない。


以下のことも考えてました。

乗り合いで来ている為、
レース終了後も自分が運転して帰らなくては行けない。
睡眠をほとんど取っていないこともあるので安全運転で帰れるか心配。
また、次の日は仕事があるため、
無理して会社を休んでしまうことだけは避けたいし、自分の中のルールとしてNG。


また、そんなに無理をしてまで、
また限界を越えて完走にこだわるレースという位置づけではなかったんだという、自分のこのレースへのモチベーションを自覚。

レース前のコメント返しで順位は気にしていないと書きましたが、
やはり自分の走りをすれば、
ある程度20位前後ではゴールできるのではないかという目論見と期待が占めていたんだと気づく。


完走が目標だったメンバーからすると、
何じゃそれと思われるだろうし、
そんなの完走してから言えよっていう感じだろうけど、
僕の本心はこんな感じでした。

第2関門で1時間でも横になれば、
またマシになるかもしれないという考えもあっただろうけど、
自分の期待していた目標でゴールできないことが確実だとわかってきたこともあり、
立ち止まる回数時間も多くなってきたのでスパッとリタイヤを決めました。


最後はスイーパーの人が
トレイルを抜けたら舗装路に出るので、
そこまで車で来てもらいましょうかという誘いを受けて
第2関門前でリタイヤしました。

あっさりと書いてもいますが、
リタイヤを決めたあとの道中では悔しくなって、
ちょっと泣いてしまったのも事実です。


第2関門でいったん下ろされると、
レスト中ののぶひろさんと遭遇。

リタイヤを伝えると、
自分のことのように悲しい顔をしたのぶひろさんには申し訳なく思います。


また、悔しいことがもう一つありました。
リタイヤしたのは13時頃でしたが、
僕一人をゴール地点にまで連れて行くほどの体制ではないので、
もうちょっとあとにバスは出発とのこと。

車内で待機中からゴール地点の近くまではほとんど寝てましたが、
ゴール地点のとちのき村直前で目を覚まします。


その走っている道は、
実際のランナーがコースとして走るアスファルトの最後の登り(約6k)です。

その時の時間はちょうど15時半頃で、
僕が目標としていた記録の10時間ジャストぐらいに当たります。


ポツポツとそして点々と3人ぐらいのランナーをバスは追い抜いていったのですが、
みんな最後の道程を苦しそうな顔で走っています。

そして、そのランナー達、全員、
ウェアの色やら走り方やらで見覚えがあったんです。


そう、
第1関門前後で大体一緒のペースで競い合ってた選手だったからです。

僕はそれをバスの中から眺めて、
彼らは苦しそうな顔ながらも幸せそうで、
その時の悔しさといったら、一生忘れないと思います。


僕もあのまま走り続けてたら、
今頃この辺りを走ってたかもしれないのに!!

惨めで情けなく羨ましくて、
あんな想いは、もうしたくはない。


ただ、わざわざそんなタイミングで戻ってきたことに
自分を諭してくれたようなプレゼントのようでもあり、
あくまで自分都合の勝手な考えですが
前向きに捉えよう、糧にしよう、勉強にしようと思ったのも事実です。

今現在もリタイヤに関しては後悔はしていません。
自分の中では正しい選択だったと思っています。


何とか症状を克服して、
来年は上位でゴールしたい。
それだけです。

STY、UTMFも逃げませんから、
一つ一つ進んでいくだけです。



最後に、シルトラのメンバーのことを。

ダイスケさんは速かった!

京都で一緒に走ってたのと丹後のウルトラでの話を聞いてたので、
前半から飛ばしていったら、後半落ちて抜けるかもと思ってました。

実際、ダイスケさんは45k地点ぐらいで脚は売り切れて、
残り25kぐらい歩きっぱなしだったそうですが、
売り切れるまでは10位ぐらいにいたそうですから。


本人はトレイルのロングはもういいやと言ってましたが、
ランの目標としているチームメイトとしては、
またどこかのレースで競い合えたらいいなと思います。

あと、
練習量もほとんど取れていないのに完走しきったフジモさん。
(今回は僕の負けです)
同じく50k地点ぐらいまで続けたさっさん、その同僚さん。
股関節の激痛にも耐えて完走したのぶひろさん。


そして、車で同伴だったMひろさんには脱帽です。

Mひろさんは、残り20k地点ぐらいで頭を切って流血の中
制限時間内にはゴールできなかったものの、
最後までレースを続けフィニッシュラインを越えました。


幸いひどい怪我ではなかったようでよかったです。

みんな、僕より全然すごいです。

僕は怖がりなので、
レースでしんどい思いしたくないから、
練習量増やしてベースを上げてるだけですからね。

逆の立場だったら、
僕は続けられたか疑問です。



レース後は不完全燃焼でモヤモヤの嵐でしたが、
時間が経つほどに日常の自分に戻ってきてます。

ただ、筋肉痛もなく、
転んだ時の軽い打ち身とごつい岩を踏んだ時の足裏の痛みぐらいで、
物足りなさを感じつつ。
そして、心もぽっかりと穴があいた感じでちょっと抜け殻のような・・・


ということで、
来年のSTYもなくなったことからお金をやりくりできそうなので、
千羽トレイルに出ようかと思ってます。

何か鬱憤を晴らしたいような、
モヤモヤを吹き飛ばしたい気持ちでいっぱいです。


人生、ドラマですよ、
自分だけで考えたら非常によくできて都合のよい。

I LOVE ME
自分大好き人間のヤイチレポでした。
こんな私ですが今後ともよろしく!



PR
無題 by フジモ
I LOVE ME 結構!私も練習してないくせに12時間切りを狙ってたし。自分を愛せなくて、他人を愛せないよ!
今年のダイトレを私はDNSしたし、今回はドローで!千羽先の参加表明めちゃうれしいよ。千羽先は、私も本気で走るので、いざ勝負!!
フジモ 2012/10/31(Wed)19:07:16 編集
無題 by のぶひろ
自分も苦しく葛藤する時間帯があったので、読んでて泣けてきた・・・

千羽では全開のヤイッちゃんに期待してます!

それまでに私もベースをupさせておきます!
一緒に練習もしましょう!
のぶひろ 2012/10/31(Wed)21:09:54 編集
無題 by Mひろ
千羽トレイルにエントリーされるのですね。
本当に沢山の方々が参加されて、とても楽しくなりそうです。またよろしくお願いします。
Mひろ 2012/10/31(Wed)21:24:10 編集
無題 by ヤイチロウ
ふじもさん>

完走しいるんやから立派な勝者ですよ!
千羽は飛ばします!
ヤイチロウ 2012/10/31(Wed)22:29:09 編集
無題 by ヤイチロウ
のぶひろさん>

全開ラン、自分でも期待していきます!
一緒に高みへ昇っていきましょう!
ヤイチロウ 2012/10/31(Wed)22:30:59 編集
無題 by ヤイチロウ
Mひろさん>

千羽でまた一緒に遊びましょう!
楽しみです!
ヤイチロウ 2012/10/31(Wed)22:31:41 編集
無題 by まっするおじさん
お疲れ様でした。
胸の痛みですが、一度運動負荷心電図検査を受けたらいかがでしょうか。
新大阪の回生病院で受けられます。
呼吸器科もあるのでご検討を。
まっするおじさん 2012/10/31(Wed)23:13:28 編集
無題 by たか
トレイルお疲れ様です。
大変なレースだったようですね。
私にはまだまだ想像もつかない世界ですが、ほんとみなさんすごいですね!
ところで、前にも胸が苦しくなるような症状があり、今回もその症状でこまっていらっしゃるみたいですが、ひょっとして逆流性食道炎ではないでしょうか?
僕も以前からそのような症状があり、最近ひどくて病院通いしています。腹圧をかけるようなこともあまりよくないみたいで、最近バイクも休んでいます。登り坂で腹圧を高めるのがあまりよくない気がして。。。胃酸が逆流してくるので、胸や喉がつっかえるような症状もあるみたいです。胸やけとかもありますしね。
後、甘いものやコーヒーなどのカフェイン類、炭酸なども胃酸の分泌を促し、逆流しやすくなるみたいです。
こうみると、トライアスリートは逆流性になる要素をふんだんに持っているような気がします。
確か、わいたまさんも以前そんな症状で困っていたと思います。
ヤイチロウさんももしそうなら、一度消化器内科を受診されてはいかがでしょう?
症状はネットで検索すればいくらでも出てきますよ。
またまた長くなりましたが、参考になればと思いまして。
たか 2012/10/31(Wed)23:18:23 編集
無題 by のぶひろ
参考になるかですが、私が白馬トレイル:50kmで25km以降に嘔吐を繰り返したのはカフェインが原因かなと思ってます。

思い返すと、普段飲まないコーヒーを朝食で飲み、最初のエイドでレッドブルを飲んだ後位から段々気分が悪くなってきたので。

また、一度復活してから、別のエイドで再度レッドブルを飲んだ後もしばらくしてから激しく嘔吐したので、可能性は高いと思ってます。

その後、六甲縦走、氷ノ山では同じ症状は出なかったです。(あっ、でもコーラは飲んだな・・・)

普段以上に体に負担をかける時は、普段以上に体への刺激を減らすべきかと。
のぶひろ 2012/11/01(Thu)00:45:12 編集
無題 by ヤイチロウ
まっするおじさん>

情報ありがとうございます!
運動負荷心電図検査
何か良く調べてもらえそうですね。
前向きに検討します!
ヤイチロウ 2012/11/01(Thu)21:17:48 編集
無題 by ヤイチロウ
たかさん>

長いコメントありがとうございます!
本当に感謝します。
僕はランの時にしか症状は出ていないんですよ。
ただ、思い返すと何かの補給後に症状が出ることが多いとは覚えています。
胸やけはもろに、そんな感じでした。
ゲップが上がってきて出ずに滞って気持ち悪い。
そんな感覚もあります。

こういうことはお医者さんに言わんとダメですね(笑)
逆流性食道炎、調べてみます。
ヤイチロウ 2012/11/01(Thu)21:23:49 編集
無題 by ヤイチロウ
のぶひろさん>

夜遅くにありがとうございます!

おっしゃるように、普段、食していないものはレース中はあまり取らない方がいいですね。
新しいものを食したくなったら、まず練習でというのが基本でしょう。
僕はレーズンにはまってますが、これはいい感じです。
塩分の取り過ぎも考えてるんですよね。
アスリートソルトを取ったあとに症状が出るような気もしていて。
刺激を減らすという視点は頭になかったなあ・・・
ヤイチロウ 2012/11/01(Thu)21:34:03 編集
無題 by たか
参考になりましたか?
RUNの時だけでしたら、食べ物を変えてみるだけでもだいぶ変わると思いますよ。
あま~いものとか、塩からいものとか、油っこいものとか、とりあえず、胃酸の分泌を促すようなものは走る前、走っている最中は控えたほうがいいでしょうね。
それでも気になるようでしたら、市販薬にガスター10という胃酸を抑える薬があるので走る前に服用されてもいいかと思います。
とりあえず、食べ物で試してみて、ダメそうなら病院ですかね?

たか 2012/11/01(Thu)22:49:16 編集
無題 by ヤイチロウ
たかさん>

キーは胃酸ですね。
何時間ぐらい前までの食事が影響あるんでしょう?
補給を取っていないのに症状が出た時もありますから。
薬なら陀羅尼助という僕にとっての劇薬?がありますので、それを試してみるのも一考ですかね。
色々ありがとうございます!!
ヤイチロウ 2012/11/02(Fri)11:36:42 編集
無題 by ぱいん姫☆
おひさしぶりです。
お疲れ様でした。
胸が苦しいのは、胸やけ&吐き気と関係なく、
きりきり心臓が痛む系ではないですか?
吐き気は、純粋に血糖値が上がったり下がったりする中で
運動を続けて、内臓が追いついてないだけかもですし。。。
確実に違うならいいと思いますけど、
痛むなら心臓の線も考えてみては?
私も、珠洲で再発しましたが、
痛むのは、ランのときだけです。

ぱいん姫☆ 2012/11/02(Fri)23:57:27 編集
無題 by ヤイチロウ
ぱいん姫☆様>

久しぶりな心配コメントありがとう!
思い返してみて、きりきりもあったような、なかったような・・・
けど、その通り、心臓も心配している候補の一つです。
心臓、肺、胃。
要するに、循環器、呼吸器、消化器。
どれもある総合病院に行くのがまずはいいのだろうが。。。
ようわからず、迷っております。
ヤイチロウ 2012/11/03(Sat)00:22:16 編集
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132
プロフィール
HN:
yaichi81
性別:
男性
自己紹介:
指宿在住 36歳
10代はプロレスラーになりたくて、20代は音楽と写真に傾倒の文科系、30代で体育会系に戻ってまいりました。
2014年1月大阪より鹿児島県指宿市に移住。

アイアンマン目指して人生かけます!
最新CM
[02/24 ヤイチロウ]
[02/23 とさっち]
[01/17 ヤイチロウ]
[01/15 とさっち]
[01/03 ヤイチロウ]
ブログ内検索
カウンター
ひとりつぶやき
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Copyright (C) 100歳までアイアンマン

Template by あでる / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」 / 忍者ブログ [PR]