忍者ブログ
矢吹丈のように燃え尽きて真っ白になりたい漢の愛とストイックな生活の記録
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



総合タイム
2:38:46 35位
スイム
34:56 294位
バイク
1:18:44 24位
ラン
45:05 37位

公式リザルトはここから


7月14日
今年度、公式初レース
レポートです。

いつもながらに、また長くなりそうだな・・・











今回は前日入りではなく当日入り。

よって、2時10分起きの3:15集合。

21時には寝てたのでまあまあ寝れた感じ。
レース前日の眠れない感もここ最近は無し。

わいたまさんの先輩、えいじさんの車に乗って、
3人で向かいました。

車中では、今頃おんたけメンバーが走っているやら、
秦さんが応援に来てくれるだの話しながら車は進みます。

途中コンビニ立ち寄りがあっても、
6:30頃には会場入り。

今年1月の千羽トレイルに来たときの光景が、
色々思い出されました。

天気は予想されていた曇りではなくピーカン。

トランジションやらの準備しているだけでも、
ジリジリジリ。。。

暑いぞ!

灼熱大歓迎の僕も、曇りと思っていたため,
予想外の炎天にちょっとたじろいでしまいました。

トランジションの準備しているだけでも、
じわじわ体力削られてくのがわかります。

あと、おまけに溜まってた排泄物の流出が止まらず、
トイレに行くこと、3、4回。。。

お腹の気持ち悪い感が
いかんともしがたいがやるしかない!

半分自己催眠と
お腹の友、陀羅尼助で難を逃れる。

会場では、
あやちゃん
徳島在住のおにへーさん(足首の負傷を押しての出場)
今回デビューのしんかいさん
とも顔を合わせ健闘をお互いに誓った。

そして、秦さん登場!
わざわざ応援のために4時起きで駆けつけてくれました!!

熱い!!


早速パシャパシャ



スタート時間も迫り、スイムアップに向かうが、
わいたまさん、トランジションに荷物を置くとのことで
えいじさんと待つも一向に戻ってくる気配がない。。。


待っている間にJTUの公式カメラマンさんに、
気合いの入った髪型に目をつけられたか
ポージングを求められての撮影。

果たしてHPに載るか否か・・・
自分の中で乞うご期待!

話は戻るも、
スイムアップ終了まで5分くらいになってきたので、
わいたまさんには悪いが、えいじさんと海に向かう。



今までのレースで
一番フラットな感情。

ただ毎回の如く訪れるスイムへの恐怖心もちょっとはありつつ、
これは何とかならないものか・・・

深呼吸を増やし、
努めて平常心になろうとした。

最後の5分で、
アップも何とか終え、
スイムスタートのゲートをくぐると、
いくら探してもいなかったわいたまさんと再合流。



聞けば、
スイムアップの場所を間違えて、
スタートゲートに入ってしまい、
アップできずじまいとのこと。

この失敗が、
わいたまさんにとって、あとを引くことに・・・

スタート待ちの間に、
おにへーさんから潮の流れ情報を仕入れる。

往路はイン、復路はアウトだそうな。

9時スタートウェーブにはオリンピック選手、細田選手が。
あっという間に頭、いや体一つも二つも抜きん出て小さくなっていきました。

僕はといえば、
スイムの自己申告タイム順でのウェーブ設定のため
9時4分、第3ウェーブでスタート!!

可もなく不可もなく、
あまり人がいないところを選んで力まず泳ぎ始めました。

自分の感覚としては、
まずまずであろうというスピード感。

白浜でメンタルが大きく影響するということが自覚できたので、
周りの選手に怯むことなく、しかし紳士的に、
やや戦闘的な心持ちで泳に没します。

ここで今回のそして最近の僕の強度、タイムに関する意識の話を。

それは数字を追いかけないということ。

例えば、
いつもならレース前にチェックするここ数年のリザルトタイムであったり、
ラン練時のペースであったり、
勝尾寺アタック時にゴールするまで時計を見ないことであったり、
ポラールの時計を使うのを止めて心拍数を気にしないだとかなどなど。

あくまで自分の感覚を頼りに、
ペースと強度を確かめる感じ。

変にその数字に惑わされて精神の振り子を揺らさず、
フォームだったり自分の内なる体力値に集中すること。

こんな感じだったので、スイム折り返し時も時計は全く見ず。

同じ色のスイムキャップの人ばっかだし、
海の中で滞っている感覚もない。

ただ目標としている32、33分ペースよりは遅いかもなあという実感はあり。

とは言っても、
ペースを上げる術もなし。

そんなこと思ってたら復路はアウトという情報だったのに、
インに入ってしまった。

けど、ツールの解説で、
メーカーからニューマシンを与えられなかった選手が
逆に奮起するという話を思い出して、
こんなんで負けてられるか、行ったらんかいっ!
という反骨心をちょっと持ち出す。

というても、
僕のレベルで潮に乗っているのか逆らってるコースなのかも
わかりようがない流れの強弱ではないか。

気にせず
泳を進める。

残り500mぐらいのところでペースアップしてきた選手がいたので、
ドラフティングをしてみる。

追い抜いて行くぐらいだから、
すぐ千切れるだろうと思ったが頑張ってついて行った。

これが良かった。
意外と離されることなく200mぐらいは付いていけた。

レースが終わってから振り返ると、
その時の泳いでいる感覚は、
いつものプールで調子良く泳げている時の大きく伸びている泳ぎだったと思う。

そこ以外では守りの泳ぎで、
身体の軸もどこか散漫で緩んでいた気がする。

ということは、
付いて泳げていた時のブレずに泳いでいた感覚で
最初から最後まで泳ぎきれればいいわけか!

結局、またフォームがバラバラになって千切れてしまったけど、
このことがわかったのは収穫だ!

スイムはこんなそんなで、
34分台で上陸。

やっぱり32分は無理だったかという残念な気持ちもありつつ、
疲労の上乗せをするような砂浜を重い脚で
ちょこちょこ駆け上がってトランジションに向かうのであった・・・

今回もやっぱ長えな。。。
思い出してたら文章、止まらん。

みなさん、おつき合いありがとうございます。

つづく。。。
PR
無題 by わいたま
わいは、恐怖心いっぱい今まで一番ダメなスイムパートやったわ…
アップ出来ずが関係あるんかないんかそれ以外の問題…(≧∇≦)
初心に戻って珠洲に挑むわ(^^;;

大西さんにもブログ見せてコメントしてもらうわ(笑)
わいたま 2013/07/17(Wed)16:51:56 編集
無題 by ヤイチロウ
わいたまさん>

諦めんといきましょ!
後ろ向きはダメっすよ!
ヤイチロウ 2013/07/17(Wed)23:12:27 編集
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210
プロフィール
HN:
yaichi81
性別:
男性
自己紹介:
指宿在住 36歳
10代はプロレスラーになりたくて、20代は音楽と写真に傾倒の文科系、30代で体育会系に戻ってまいりました。
2014年1月大阪より鹿児島県指宿市に移住。

アイアンマン目指して人生かけます!
最新CM
[02/24 ヤイチロウ]
[02/23 とさっち]
[01/17 ヤイチロウ]
[01/15 とさっち]
[01/03 ヤイチロウ]
ブログ内検索
カウンター
ひとりつぶやき
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Copyright (C) 100歳までアイアンマン

Template by あでる / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」 / 忍者ブログ [PR]